バターの代用がヨーグルトで出来るって本当?その方法について知りたい!

濃厚な風味とコクで、お菓子だけではなく料理にもつかわれるバター。

シンプルにパンにつけるという方も多いと思います。

でもそんなバターも、時々うっかりときらしてしまう事もありますよね。

そんな時、あなたならどうしますか?

買いに行ってもいいのですが、代用品があればそれを使いたいですよね。

今回ご紹介するのは、その中でもヨーグルト!

ちょっと意外なのですが実はヨーグルト、バターの代わりとして使われることもあるんですよ。

ぜひご紹介する方法で、あなたもバターがなくなったとき、代用してみてください!

【スポンサードリンク】

バターの代用に、ヨーグルトを使う方法!

それでは早速、バターの代わりにヨーグルトを使う方法についてご紹介しましょう!

ヨーグルトを使う事でヘルシーになりますので、ダイエット中の方はぜひ試してみてください。

代用法

代用法はとっても簡単です!

バターの代わりにヨーグルトを混ぜるだけです。

とっても簡単で、シンプルです。

量に関しては少し注意

ただし分量に関しては少し注意が必要です。

バターよりも少し多めの量を使うようにすると良いそうです。

ヨーグルトには油分がないため、その分水分でしっとりとさせることになります。

しかし水分だと少し多めに入れないと、同量ではなかなかしっとりしないようです。

いつものレシピでヨーグルトを使う時は、いつもバターを入れる量よりも、少しだけ多めにヨーグルトを入れるといいですね。

もしくは、サラダ油などを加えると油分がプラスされるのでおすすめです!

その他の注意事項

また、バターをヨーグルトで代用する方法は少し注意事項があります。

それは風味と膨らみ方です。

・風味の違い

まずは風味の違いから。

ヨーグルトとバターは同じ牛乳から作られる物ではありますが、風味は全く違いますよね。

ですのであの濃厚な風味にするのは、少し難しいと思います。

まずくなるわけではありません。

あっさりとした風味になり、お好きだという方も多いので一度作ってみるのもお勧めです。

ただ、料理には合わないかもしれませんね。

ホワイトクリームを作る時などでは使えません。

パンにも代用としてはつけられません。

・膨らみ方

また膨らみ方にもやはり違いが出ます。

どうしてもバターより膨らみは落ちます。

仕方のないことではありますが、膨らみ方はいつもの膨らみ方でないと嫌だというのなら、残念ながらヨーグルトは向きません。

ただ、大きく違いがあるというわけではなさそうなので、そんなに膨らみ方は重視しないのなら使ってみてもいいですね!

少しバターが残っているのなら

もし、バターがないわけではないけれど、レシピの量には足りない、というのなら足りない分はヨーグルトをプラスしましょう!

これなら油分も含まれていますので、量を調節する必要もありません。

もちろんバターが少ない分、カロリーも低くなりますよ!

お菓子のカロリーが気になる方は、バターが指定の量あったとしても、半分や3分の2をわざとヨーグルトにする方もいらっしゃるようです。

バターの風味はもちろん、あっさりとした風味も加わるのでお好きな方も多いかもしれませんね。

【スポンサードリンク】

たくさんある!バターの代わりにヨーグルトを使ったレシピ!

それでは最後に、バターの代わりにヨーグルトを使ったレシピをご紹介しましょう!

バター不使用!シンプルなパウンドケーキ

こちらはバターの代わりにヨーグルトと油を加えたレシピです!

シンプルなパウンドケーキですが、しっとりと優しい味わいで、お勧めですよ。

まずはこのレシピから挑戦してみてはいかがでしょう?

バターなし✿しっとりサワーパウンドケーキ

こちらは一切油を加えないレシピです!

上記と同じパウンドケーキですが、味や仕上がりにも違いがあると思います。

どちらも作って比べてみてもいいですね!

簡単♪バター不要*レモンヨーグルトケーキ

こちらはヨーグルトの風味を生かしたケーキの作り方です!

オリーブ油を代わりに使っているので、比較的ヘルシーに作ることができますよ。

あっさり、さっぱりとしたケーキを食べたい時にお勧めです。

意外にもバターの代用品にヨーグルトは使える!

使い方や仕上がりに違いはありますが、ヨーグルトはバターの代用品として使われていました。

基本的にはお菓子での代用法ですが、ピンチヒッターとして活躍してくれるはずです!

ぜひご紹介したレシピを参考にして、一度チャレンジしてみてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ