バターとマーガリンって同じ物?お互いに代用できるのかどうか知りたい!

バターとマーガリンと言えば、どちらもトーストトなどに塗って楽しむ物ですよね。

風味に違いはありますがよく似ていますし、あまり使い分けをしていない方も多いと思います。

ただ、バターとマーガリンは料理やお菓子作りなどで使用する際、お互いを代用品として使う事は出来るのでしょうか?

なんとなく、お菓子などでは代用できないような気もしますが、実際のところはどうなのでしょう?

そこで今回は、バターとマーガリンはお互いに代用できるのかどうかについてご紹介します!

二つの違いがよく分からない、という方はぜひ目を通してみてください。

【スポンサードリンク】

バターとマーガリンはお互いに代用可能?

それでは早速バターとマーガリンが、代用しあえるのかどうかについてご紹介しましょう!

一体どうなんでしょう?

基本的には問題なし

ちょっと意外な気もしますが、バターの代わりにマーガリンを使っても、反対にマーガリンの代わりにバターを使っても基本的には問題ありません。

お菓子や料理であれば、問題なくいつも通りに作ることができますよ!

しかも分量も同じ量で対応できるので、計算の手間などもありません。

注意点もあります

ただし、味まで全く同じになるかと言えば、それは違います。

特にバターの代わりにマーガリンを使う時に注意してほしいのが「バター風味はなくなる」という事です。

基本的にはマーガリンにバターの風味はありませんので、どうしても風味の面では変わってきます。

反対の場合だと、バターの風味がプラスされます。

【スポンサードリンク】

バターの代用ができない物もある?

基本的にはお互いをカバーしあえるバターをマーガリンですが、バターの代わりにマーガリンを使う時にはどうしても代用できない物もあります。

焦がしバター

焦がしバターというと、香ばしい香りに溶けたバターの風味がたまりませんよね。

独特のバターの風味を生かして作るものなので、残念ながらマーガリンでは代用できません。

またマーガリンには水分が含まれているので、焦がすのは危険です。

パンを作る時は注意を

パンでは基本的にマーガリンでも代用できるのですが、「折り込んで使う物」に使うと失敗することがあります。

基本的には練り込んで作るパン向いています。

ただし、寒い冬であればマーガリンの使用を勧める方もいらっしゃるので、絶対に代用できないというわけではないようです。

バターとマーガリンの違い

それでは最後に、バターとマーガリンの違いについてもご紹介しましょう。

基本的には代用できるのですが、成分をみるとはっきりとした違いがあるんですよ!

主原料の違い

バターはよく知られているように牛乳を使っています。

正確には牛乳に含まれる脂肪分を固めた物ですね。

ですので「動物性油脂」という事になります。

その為、濃厚で風味豊かなものになるわけです。

ではマーガリンはどうでしょう?

マーガリンは「植物性油脂」を使っており、同じ油脂でも風味が違う理由が分かると思います。

こちらの方があっさりとしているイメージですが、原料の違いがあるからなんですね。

より推奨される食べ物

どちらも代用は可能なんですが、それぞれに得意なものがあります。

バターは「バターの風味を生かしたい物」に入れるのがおすすめです。

例えばクッキー等の焼き菓子にはバターの風味はほしいので、こちらの方が向いています。

洋食等料理で作う時も、こちらの方がよさそうですね。

また焦がしバター味はバターでしか作ることができません。

反対に風味よりもふっくらとさせたい物にはマーガリンがおすすめです。

練って作るパンやケーキの土台などに最適です。

それぞれの得意なところを活かして使いわけるのもおすすめです!

カロリー

バターとマーガリンではマーガリンの方があっさりとしている分、カロリーが低そうですよね。

しかし実際はマーガリンの方が少し高いと言われています。

どちらも10gずつでカロリーを計算すると、バターが75キロカロリー、マーガリンが76キロカロリーになるそうです。

とても小さな差ではありますが、ダイエット中の方は気をつけたいですね。

ただ、カロリー50%の物などもありますので、そういった物もうまく使ってみてください!

基本的にはお互いが代用できる!

バターとマーガリンは、基本的にはお互い代用することができます。

いざという時は、代わりに使うのもお勧めです。

ただ、それぞれの強みもありますので、できるだけうまく使い分けてみてください!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ