アスパラの茹で時間ってどのくらい?アスパラの茹で方について知りたい!

緑が鮮やかな野菜アスパラ!

サラダに入れても、肉をまきつけても絶品のアスパラはお好きな方も多い野菜ですよね。

でも意外と難しいのがアスパラの茹で方。

茹で時間などに気をつけないと、あっという間に美味しくないアスパラになってしまいます。

アスパラの茹で時間はもちろん、他にも美味しく茹でるためのポイントがあるのでしょうか?

今回はそんなアスパラの茹で時間を中心とした茹で方についてご紹介しましょう!

一緒にアスパラを使ったレシピもご紹介しますよ。

ぜひ今回ご紹介する茹で方を参考にして、美味しくアスパラを食べてくださいね。

【スポンサードリンク】

アスパラの茹で時間はどのくらい?茹で方についてご紹介します!

それでは早速、アスパラの茹で方についてご紹介しましょう。

簡単なのですが、知らない方も多いので是非覚えてくださいね!

必要な物

・アスパラ ひと束

・食塩   10g(こさじ2)

・水    1リットル

やりかた

1、まずはアスパラの下ごしらえです。

アスパラを実際に触ってみるとわかるのですが、意外と下の方は硬いですよね。

その部分は歯触りも良くないので折ってしまいましょう。

手で、アスパラの真ん中と下の方を持ってパキっと折ります。

大体折れる部分は1~2cm位になると思います。

2、ピーラーを使って、根元から4cmほど皮をむきましょう。

この1と2は逆の手順になっても構いません。

3、それでは茹でていきましょう!

熱していないフライパンに水1リットルを入れて火をかけましょう。

4、水が沸騰したら塩10gを入れます。

5、アスパラガスを沸騰したお湯に入れます。

茹でる時間は太さによって異なります。

通常のアスパラであれば1分半程、長くても1分45秒までには取り出しましょう。

太めのアスパラは2分程度が目安です。

ほど良い茹で加減は、竹串がすっと通るようになったらですので、覚えておいてください。

6、茹であがったら冷水につけて、色止めを行ってください。

これでアスパラが美味しく茹であがりましたよ!

茹でる時のポイント

それでは、茹でる時のポイントはないのでしょうか?

やはり重要なのは茹で時間です。

アスパラは火が通りやすいので、勘で茹でてしまうとあっという間にくたくたになってしまいます。

ですので先ほどご紹介した時間を守るようにしてください。

キッチンタイマーで測りながら茹でるといいですね!

もし時間がたっても硬く見えて、竹串も通らないようであれば、様子を見ながらもう少し茹でてください。

ホワイトアスパラはどうすればいい?

それでは、アスパラでもホワイトアスパラはどうすればよいのでしょう?

基本的には緑のアスパラと同じ茹で方です。

違う点は

・茹でる時にレモン汁、またはお酢を大さじ1入れること。

・硬くて折った下の部分と、ピーラーでむいた皮も一緒に茹でること。

・茹で時間は3~5分程度。

という事です。

ホワイトアスパラは太いものが多いので、緑の物よりも茹で時間が長くなります。

こちらも竹串がすっと通るかどうかで茹であがったかどうか判断してください。

【スポンサードリンク】

美味しく茹でたアスパラを美味しく食べよう!

それでは美味しく茹であがったアスパラを使って、美味しい料理を作りましょう!

お勧めのレシピを3つご紹介します。

アスパラと相性抜群!オランデーズソース

まず最初にご紹介するのは、アスパラをシンプルに食べたい方におすすめのソースの作り方です。

とっても簡単なのに、これをかけてアスパラを食べるとごちそうに変身しますよ!

ぜひ一度試してみてください。

アスパラベーコンのフェデリーニ

次にご紹介するのは、アスパラの入ったパスタです。

ベーコンも入っていてお子さんもきっと喜ぶお味ですよ!

作り方も簡単なので、パスタが食べたい時に作ってみてください。

しめじとアスパラのツナマスタード炒め

ちょっとした野菜のごちそうレシピです。

しめじとアスパラは実は相性が良く、ツナマスタードで炒めることで絶品料理になるんですよ!

美味しいだけじゃなく、とっても簡単にできる人気レシピなので、作ってみてはいかが?

アスパラを美味しく茹でて、美味しく食べよう!

アスパラは、ちょっとしたことを守るだけでグッとおいしく食べることができます。

ぜひ今回の茹で方とレシピを参考にして、美味しいアスパラ料理を作ってみてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ