アナウンサーとキャスターって同じじゃないの?違いについて知りたい!

毎日ニュースを読み上げて、わかりやすく伝えてくれるアナウンサーやキャスター。

お気に入りのアナウンサーやキャスターがいる、という方も多いのではないでしょうか?

でもアナウンサーとキャスターって、同じような職業のような気がしますが、なぜ呼び分けられているのでしょうか?

実は、意外と知られていない違いがあるんですよ!

一体どんな違いなのでしょうか?

今回はそんなアナウンサーとキャスターの違いについてご紹介しましょう!

気になる方は、ぜひ目を通してみてくださいね。

【スポンサードリンク】

アナウンサーとキャスターってどう違いがあるの?

では早速アナウンサーとキャスターの違いについて、ご紹介しましょう!

一体どんな違いなのでしょうか?

アナウンサーって?

ではまずアナウンサーについてご紹介しましょう!

アナウンサーとは基本的に「テレビ局のアナウンサー部に所属している、専門職の人」このこと差します。

よく聞くかとは思いますが、アナウンサーはテレビには出ているものの「サラリーマンやOL」という立場です。

タレント活動的な事をする方も多いのですが、基本的に芸能人ではありません。

主な仕事はニュースの読み上げやスポーツ実況で「書かれていることを読む」という職業の方です。

例えば、番組と番組の間に短いニュースがよく挟まれますよね。

ああいった番組では原稿を読み上げてはいますが、そこにアナウンサーの方自身の意見などは含まれていません。

どうすれば分かりやすく、伝わりやすく原稿を読むことができるのか、という部分に特化した専門職の方です。

ただ読み方が良いだけではNGで、正しくニュースを伝えるために、豊富な知識と教養が必要な事も忘れてはいけません。

・あなたもアナウンサーかも?

実はテレビに映ってニュースを読むことだけが、必ずしもアナウンサーではありません。

アナウンスとはそもそも「情報の伝達、発表、案内」と言った意味があります。

ですので、イベントなどでのアナウンスをする方、駅での乗り換えアナウンスをする方も、アナウンサーと呼ばれることがあるようです。

知らず知らずのうちに、あなたもアナウンサーだったかもしれませんね!

キャスター

ではキャスターはどうでしょう?

アナウンサーは職業の事を差しますが、実はキャスターは職業のことではありません。

役割の事を差します。

キャスターとは「ニュース番組(報道番組)で司会進行を行う人物」のことを差します。

もちろんキャスターをアナウンサーがする場合もありますが、タレントやお笑い芸人の方が行う場合もあります。

特にお昼や朝の情報番組の事を考えると、かなり分かりやすいかもしれませんね!

ニュースの内容自体は、アナウンサーやナレーションによって伝えられることも多いのですが、司会進行を行いますのでそのニュースをしっかりと理解しておく必要があります。

また、自分の意見をしっかりと織り交ぜて発言することも多くあります。

アナウンサーとキャスターの違い

ではアナウンサーとキャスターの違いについてまとめてみましょう。

アナウンサーは職業の名前です。

ニュースやスポーツなど、原稿のある物を聞き取りやすいように読む仕事です。

イベントや駅でアナウンスを行う人も含まれる場合もあります。

分かりやすく伝えるために、豊富な知識も求められます。

キャスターは役割の名前です。

ニュースを伝える仕事ではありますが、その番組の司会進行を行います。

自分の意見を織り交ぜて、ニュースを分かりやすく伝えるのが役割です。

キャスターはアナウンサーやタレントなど、様々なジャンルの方が行います。

リポーターって何?

ではもう一つ、リポーターというのも、伝える仕事としてありますよね。

これはどういった内容なのでしょう?

リポートするのが仕事

その名の通り、リポートするのが仕事です。

事故現場での状況説明や台風中継、食べ物の感想を言うのもリポーターの仕事の一つです。

場合によっては台本がない事もあります。

その為、内容をまとめて分かりやすく伝える能力が必要です。

こちらも役割の事で、スタッフやタレント等が担当することが多いです。

【スポンサードリンク】

アナウンサーとキャスターは、似ているようで違う!

アナウンサーは職業の名前で、キャスターは役割のことでした。

ぜひこの違いを覚えておいて、この人はアナウンサーかキャスターかを考えながら見てみてはいかがでしょうか!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ