アルコール依存症の治療方法ってどんなもの?費用や対応病院についても知りたい!

ストレス社会の今、意外と身近にあるアルコール依存症。

その病気のせいで攻撃的になることから、本人だけではなく、家族も苦しむ恐ろしい病気です。

そんなに恐ろしい病気なのに、意外と知られていないのがその治療方法。

治療方法だけでなく、費用はどの程度かかり、どの病院へ行けばいいのかすらご存知ない方も多いと思います。

費用や病院といったことは、病気を治すうちで大切な要素の一つ。

そこで今回はアルコール依存症の治療方法、費用、病院についてご紹介しましょう。

お悩みの方、一度目を通してみてください。

【スポンサードリンク】

アルコール依存症の治療方法って?

それではまず、アルコール依存症の治療方法からご紹介しましょう。

一体どのように治療するのでしょうか?

1.アルコール依存症であることを認識させる

まずは、自分がアルコール依存症であることを認識させることから始めます。

すでに自覚のある方というのは、思っているよりも少ないんです。

これは家族だけではなく、医師と連携しながら認めさせる必要があります。

そして断酒する必要があることを意識させましょう。

2.断酒を開始します

アルコール依存症の方は、断酒しなければと思っていてもできない状態になっています。

ですので医師の指導に従って断酒していきましょう。

もちろん家族の方の協力も必要不可欠です。

その際にはいろんな症状が出てくると思いますが、医師による診察を受けながら乗り越えましょう。

3週間ほどすれば、体調も落ち着きます。

3.リハビリ

体調が落ち着いたら、精神的治療も行いながら、リハビリを行っていきます。

日常生活を送るために、いろんなレクリエーションや創作活動を通して訓練をしていきます。

この段階で治療を開始して7週間ほどが経過していると思われます。

4.退院

リハビリが済むと退院となります!

とはいえ定期的な通院指導や、自助グループなどの助けも借りながら、完全にアルコールを断つ努力も必要です。

場合によっては薬を処方される場合もあります。

度合いによって期間は様々ですが、3カ月もしないうちに退院という事が一般的のようです。

簡単に書いてはいますが、これを乗り越えるのもとても大変な事です。

医師の指導が不可欠となりますので、家族の方は本人が病院を嫌がっても必ず医師に助けを求めるようにしましょう。

【スポンサードリンク】

アルコール依存症治療の費用は?

それでは次に、アルコール依存症治療のためにかかる費用についてご紹介しましょう。

先ほどもご紹介したとおり、治療には入院、または通院が必要ですので、費用は気になるところですよね。

保険が適用されます

アルコール依存症の場合は、保険治療が適用されますので3割もしくは1割負担となります。

病院や部屋によって金額が異なりますので、気になる方は病院へ問い合わせてみてはいかがでしょうか?

高額療養費制度適用治療

アルコール依存症治療は、高額療養費制度が適用されます。

これは収入によってある一定の金額以上の金額の支払いが必要になった場合、その金額を超えた分の金額が支給される制度です。

入院時の食費やベッド代は含みませんが、それでもかなり金額は軽減されるはず。

気になる方はこちらも含めて相談してみると良いですね。

アルコール依存症の治療をしてくれる病院って?

それでは最後に、アルコール依存症の治療をしてくれる病院についてご紹介しましょう。

一体どんな病院へ行けばいいのでしょうか?

専門病院へご相談を

アルコール依存症の治療はどこでも対応してくれるわけではありません。

専門の知識を持った医師に相談することが必要です。

こういった時に不安なのは、医師に厳しい言葉をかけられるのではという不安ですよね。

しかし病院ではあなたの症状を知りたいだけですので、責め立てられるような事を言われる心配はありません。

勇気を持って一歩踏み出してみましょう。

また、本人は認めないけれど一度診察を受けてほしいというご家族の方も、一度相談してみると良いですね。

アルコール依存症治療ナビ 専門機関検索

こちらで最寄りの病院を検索することができます。

活用してみてくださいね。

アルコール依存症は治る病気です

アルコール依存症は、適切な治療さえ行えば治る病気です。

人生は一度だけです、自分は治らないと諦めずに、まずは医師に相談してみましょう。

ご家族のためにも、一歩踏み出してみてください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ