アルコール依存症チェックをしよう!~男性編~

毎日飲んでいるという方も多いお酒。

特に男性は、仕事のストレスなどをお酒の席で忘れたり、励まされたりすることも多いはず。

もちろん適量のお酒はなんの問題もないのですが、問題はアルコール依存症になっている場合。

特にアルコール依存症までもう少しと言った場合、気付かない方も多く、そのままアルコール依存症になることも。

お酒を飲む機会が多い男性は、ちょっと気をつけておきたいですよね。

そこで今回は、そんなアルコール依存症かどうかをチェックしてみましょう。

男性の方は一度チェックしてみてはいかがでしょう?

【スポンサードリンク】

アルコール依存度チェック~男性編~

それで早速、アルコール依存度チェックを行いましょう。

定期的にお酒を飲んでいるという男性の方、一度チェックしてみてください。

全ての質問に、正直に「はい」か「いいえ」で答えるようにしてください。

アルコール依存症チェック

・お酒を飲まないと寝つけませんか?

・お酒をやめる必要があると思いますか?

・お酒をやめたり、量を減らそうとしてことはありますか?

・今日はお酒を飲まないと決めても、結局飲んでしまったことがありますか?

・お酒を飲まない方が人生が良くなると思いますか?

・家族に隠れてお酒を飲んだことがありますか?

・「お酒を飲まないと良い人なのに」と言われたことはありますか?

・二日酔いのせいで会社を休む、または大切な約束を守らなかったことがありますか?

・お酒が切れると、イライラする、汗が出る、手が震えるなどの症状が出ますか?

・医師からアルコールの量を注意されたことはありますか?

「はい」が0個の方

アルコール依存症の可能性はかなり低いです。

適度にお酒を楽しんでいると言っていいでしょう。

今のまま、美味しく楽しいお酒を楽しんでください!

ただ、もしアルコールの量について考えたいのなら、専門機関に相談してみるのも良いですね。

「はい」が1~3個の方

アルコール依存症までもう一歩の状態だと思ってください。

今のままの状態でお酒を飲み続けると、将来的にアルコール依存症になります。

今この段階では、あまりそう行った自覚がないかもしれませんが、適量を超えた飲み方をしていると思ってください。

お酒の量はもちろん、その頻度など付き合い方をしっかりと考える必要があります。

またそれには専門家の方のアドバイスはとても有効になります。

依存症になってしまう前に、対策をしっかりと打ちましょう。

「はい」が4個以上

4個以上の方は、すでにアルコール依存症になっている可能性が高いです。

アルコールとの付き合い方を考えるという段階ではなく、専門家による治療が必要です。

すでに一人では、お酒をやめることはもちろん、量を減らすと言ったことも難しくなっている状態だと思います。

専門機関に相談しましょう。

あくまでも参考程度に

こちらのチェックはあくまでも参考程度にとどめておきましょう。

この結果が必ずしも正しい判断だというわけではありません。

自分は本当にアルコール依存症なのか?それとも本当にその疑いがないのか、不安な方は専門機関に相談しましょう。

1人で解決しようとは絶対にしないでください。

家族のためにも、専門機関を受診しましょう。

【スポンサードリンク】

アルコール依存症の専門機関って?

それでは最後に、アルコール依存症の専門機会についてご紹介しましょう。

専門医療機関検索

こちらではアルコール依存症の専門機関を探せるようになっています。

お悩みの方はまず近くの専門機関を探してみましょう。

電話相談からでも始めるだけで違いますよ。

AA

もし、他の依存者の方の話を聞きたい、話を聞いてほしいということであれば、こんな団体もあります。

アメリカで生まれたAAは、お酒を飲まないようにすることを目標に、依存症で困る方の手助けをするための団体です。

家族も参加できるミーティングや、患者のみのミーティングもありますので、意見を交換してみてください。

悩んでいる、辛い思いをしているのは一人ではないという事は、とても励みになるものですよ。

アルコール依存症は治ります!

もしあなたがアルコール依存症でも、怖がることはありません。

あなたの症状は必ず治りますよ。

その為には1人で思い悩んでいてはいけません。

家族や専門家の手を借りて、飲まないようにすることが大切です。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ