あなたは大丈夫?アルコール依存症チェックをしよう!~女性編~

毎日飲んでいる方も多いお酒!

仕事が終わったご褒美に、楽しく友達と飲む時などに、お酒は欠かせませんね!

でも今問題となっているのが、アルコール依存症。

男性のイメージですが、女性でもアルコール依存症だという方も意外と多くいらっしゃいます。

アルコール依存症は、思っているよりも深刻な症状が出て、あなたも周りも苦しみます。

もしかしたら私もそうかも?という女性の方は、一度簡単なチェックをしてみませんか?

アルコール依存症チェックをすることで、あなたがどれくらい危険なレベルなのかを知ることができます。

そこで今回は女性向けにはなりますが、アルコール依存症かどうかをチェックしてみましょう!

悩んでいるあなた、まずはこのチェックから始めてみてはいかがでしょう?

【スポンサードリンク】

アルコール依存症チェック~女性編~

それでは早速、あなたがアルコール依存かどうかをチェックしていきましょう。

これからご紹介する質問に、正直に答えましょう。

「はい」 「いいえ」でチェックしていきましょう。

アルコール依存度チェック

・お酒を飲まないと寝つけませんか?

・お酒をやめる必要があると思いますか?

・お酒を飲まないと、もっと良い生活が送れると思いますか?

・「お酒を飲まないと良い人」と言われたことがありますか?

・家族に隠れてお酒を飲んでいますか?もしくはそんなことがありましたか?

・お酒が切れると、手が震えたり、イライラしたり、汗が出たりしますか?

・朝からお酒を飲んで、仕事や家事をしたり、育児をしたりしますか?

・自分の仕事を他の人がするようになったことがありますか?

・医師からアルコールの飲酒量を注意されたことがありますか?

・今日は飲まないと思っても、飲んでしまったことはありますか?

「はい」が0個のあなた

アルコール依存症になっている可能性はかなり低く、まず心配することはないと思います。

今のままでも問題ないのでそのまま楽しくアルコールを楽しんでください。

ただ、どうしても不安なら専門機関を受診しましょう。

「はい」が1~3個のあなた

ひとつでも当てはまったのなら要注意です。

ただし「自分の仕事を他の人がするようになったことがありますか?」の項目のみ当てはまったという方は、問題ありません。

他の項目に関しては、問題がありますので専門機関へ相談するようにしてください。

この個数程度であれば、そんな自覚はなかったという方も多いかもしれません。

お酒を飲む量や頻度を見直すようにしましょう。

そして専門家の手を借りるようにしましょう。

「はい」が4個以上

残念ながらアルコール依存症の可能性がかなり高いです。

1人でやめる、量を減らすといった行為は、すでにかなり難しい状態になっています。

該当の方は専門医に相談するようにしましょう。

あくまでも参考程度に

アルコール依存度チェックをご紹介しましたが、こちらはあくまでも参考程度にとらえておきましょう。

このチェックをしたからといって、症状や結果を保証するものではありません。

ただ「要注意」や「アルコール依存症の可能性が高い」という答えが出たという方は、一度専門機関に相談しましょう。

もしそうでないとしても、不安であるならば適切なアルコールとの付き合い方を相談することもできますよ。

【スポンサードリンク】

アルコール依存症の専門機関って?

それでは最後に、アルコール依存症の専門機関についてご紹介しましょう。

特定非営利活動法人 ASK

こちらではアルコール、薬物などの依存を予防することを目指したNPOです。

電話で相談すれば、各地の相談所などを紹介してくれますので、頼ってみてください。

AA

こちらはアメリカ発症のアルコール依存者による集まりです。

家族や友人が参加できる会もありますが、患者同士が意見を交換することがメインです。

お酒を飲まないようになることがこのグループの目標であり、そういった人たちの手助けをしたいと組織されました。

だれでも参加できるミーティングなどを行っているようなので、参加してみてはいかがでしょう?

アルコール依存症は1人で抱え込まないで

今回のチェックを通して、思いがけずアルコール依存症の可能性が出たという方もいらっしゃると思います。

アルコール依存症になった理由は様々です。

決して1人で抱え込まず、上記の機関などを利用して、少しずつアルコールに頼らない生活を送って行きましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ