720pと1080pって何のこと?その違いについて知りたい!

今スマートフォンなどでも見る方が多い動画。

その時に色々画質を選ぶができることもあると思うのですが、720pや1080pなどあまり詳しくない方は、何のことか分からないのではないでしょうか?

これらは画質の違いなのですが、720pと1080pでは一体どんな違いがあるのか分からないですよね。

そこで今回は、そんな動画の画質の中でも720pと1080pの違いについてご紹介しましょう!

pとは一体何のことなのか、ということからご紹介しますので、ご安心ください。

ぜひ今回の記事を読んで720pと1080pの違いを知り、より快適に動画を楽しんでくださいね!

【スポンサードリンク】

pってなんのこと?

まずは720p、1080pについているpについてご紹介しましょう!

Progressive scan

pはProgressive scanの略で日本語では「順次走査」と言います。

テレビの画面などをよく見ると、横に線が入っているのが見えると思います。

これを「走査線」と呼び、光を走らせるための細いレールなんです。

大きさなどによって、走査線の本数は変わりますが、上から順番に光を走らせるのが「順次走査」です。

物によっては、一つ飛ばして光らせる物もあるのですが、そう言った物よりも綺麗な画質になると言われています。

特別なもの以外の通常のテレビ放送は、基本的に一つ飛ばした方式での放送ですので、あれよりもきれいな画質と思うと良いですね。

pについてはわかっていただけたでしょうか?

720pと1080pではどんな違いがある?

ではそんなpを使った720pと1080pではどんな違いがあるのでしょうか?

720p

一般的に「ハイビジョン」と呼ばれる画質がこの720pです。

基本的に現段階では、動画配信サービスの画質で一番きれいな画質です。

(ただし一部例外もあります)

特に画質にこだわらないという方にとっては、十分綺麗な画質だと言えます。

ちなみに今よく聞く4Kや8Kと言った画質は、このハイビジョンが基準となります。

4Kはハイビジョンの4倍の画質、8Kはハイビジョンの8倍の画質となりますので、どれだけ綺麗なのか分かっていただけると思います。

・走査線の本数が720本

1080pとの違いは走査線の本数です。

720pの場合は720本と名前のままの意味とも言えます。

更に数字で表すと1280×720となります。

走査線は720本縦に並んでいることは分かりますよね。

では、1280とは何でしょう。

走査線の中には小さな点(ドット)があり、光を通すことでこのドットが光ります。

一本の走査線の中に、ドットが1280個ある、と考えると分かりやすいでしょうか?

動画ならかなり綺麗な動画となります。

ただし、テレビやモニターが720p対応の物でないと、本来の綺麗な動画で楽しむことはできません。

1080p

では1080pとはどんなものなのでしょう?

1080pはハイビジョンのさらに上、フルハイビジョンとなる画質です。

動画配信サービスなどでは、ここまでの画質の物はかなり少ないです。

ブルーレイのフルハイビジョンがこの1080pとなりますので、かなり綺麗ですよね。

・走査線は1080本

先ほど同様、名前は光の走らせ方と、走査線の数から取られています。

数字にすると1980×1080となります。

1080pの場合は、走査線が1080本あるという事です。

そしてドットの数は1980個ですので720pとはかなり違いますよね。

かなり細かく走査線、そしてドットを取り入れることで、より細かく綺麗な画質にすることができます。

こちらもフルハイビジョン対応の物で見るようにしてください。

720pと1080pの違い

720pと1080pについてご紹介しましたが、最後に2つの違いについてまとめておきましょう。

720pはハイビジョンのことで、走査線が720本あります。

こちらでも十分綺麗な画質でしたよね。

1080pはフルハイビジョンのことで、走査線は1080本。

720pよりもさらに綺麗な画質の事でした。

ぜひこういったことも知っておいて、快適に動画を楽しんでくださいね!

【スポンサードリンク】

720pと1080p、どちらが好きなのか確認してみよう!

ハイビジョンとフルハイビジョンと分けることもできる720pと1080p。

あなたにとってどちらの方が良いか、ぜひ確かめてみてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ