あなたは知ってた?6月生まれの方の星座にはこんな特徴があった!

占いの定番と言えば星座占い。

とてもシンプルで、自分の星座さえ知っていれば、雑誌等を読んでも自分の運勢を知ることができます。

でも意外と知られていないのが、その星座の特徴。

星座にはそれぞれ特徴的な性格があり、調べるととても興味深いんですよ!

今回は、そんな星座の中でも6月生まれの方に該当する星座についてご紹介します!

ぜひ6月生まれの方は参考にしてくださいね。

6月生まれの方の星座とは?~双子座~

まずご紹介するのは双子座です!

双子座は6月1日~21日までが誕生日の方が対象となります。

一体どんな特徴がある星座なのでしょうか?

コミュニケーション能力の塊

双子座最大の特徴はそのコミュニケーション能力の高さ。

初めての方でもどんどん心の距離を縮めるので、他の星座の方が圧倒されることもしばしば。

また愛想もよく、話術にもとても長けているので、詐欺師や泥棒が天職、なんて言われています。

うまく使えば商人や政治家向きの性格だと言えますね。

また好奇心旺盛で、楽しいことにとても敏感です。

新しい物をたくさん見たい、楽しいことをしたい!その為フットワークがとても軽いのも特徴。

たとえば倒産寸前の会社等で、気づけばいなくなっていたあの人は双子座だったなんてこともあるくらい、楽しくないことに対する察知能力はピカイチ。

とは言え正義感もきちんと持ち合わせています。

双子座の基となったカストールとポルックスという双子、そして守護星のヘルメスも英雄だったことが大きく関係していると考えられています。

また繊細で、精神的に弱い部分もあります。

これは「自分で見たもの」には「客観的裏付け」がないと信用できないという、信じるものがないことが影響しています。

楽しいが最重要で楽観的だけど・・・

双子座にとって一番大切なのは、「楽しいか楽しくないか」です。

その為飽きるのも早いです。

またとても楽観的なのですが、これは精神的に弱い部分を隠そうとする自己防衛のようなもの。

楽観的でないと生きていけないと思っているほど、実は闇を抱えていることも多いんです。

男性はとにかくモテる!

双子座の特に男性はよくモテると言われています。

モテ期がないなんて言われるほど常にモテているのは、やはりその話術と懐に入る巧さのおかげでしょう。

ただ言葉に重みがなく、正直な気持ちを乗せるのが苦手なので、結婚まで行かないという方も多いようです。

6月生まれの方の星座とは?~蟹座~

次にご紹介するのは蟹座!

6月22日から6月30日までに生まれた方がその対象です。

精神的にかなり複雑な蟹座

先ほどご紹介した双子座は「楽しいが全て!」の単純明快な星座でしたが、蟹座の行動原理はもっと複雑です。

ただ、その根本にあるのは「好きな人と安心安全に暮らしたい」というシンプルな願いです。

これは「箱庭」を守り、その中で安定を維持しながら暮らしたいという牡牛座の方と少し似ています。

ただ牡牛座と違うのは、箱庭以外はどうでもいい牡牛座に対し、蟹座の方はそうではない点です。

自分の属するグループを脅かすような存在は牙をむきながら排除したがり、自分の居場所を守ろうといった行動もとります。

つまり、自分のグループをどんな事があっても守ろうと言った母性のようなものがとても強いのです。

複雑ではありますが愛情豊かで、とても家庭的な星座だと言われています。

リーダーシップも持ち合わせています

蟹座が持つ母性のようなものは、時にリーダーシップとして大活躍してくれます。

実は行動力や野心もあり、なおかつ行き届いたケアをしてくれる母性の存在、そして模範の天才とも呼ばれるほどの物覚えの良さ。

まさにリーダーにふさわしい資質が備わっています。

特に女性社長に多いのがこの蟹座といわれています。

蟹座のパートナーは理想的?

実は蟹座さんはつき合う前はわがままな方が多いと言われています。

実はこれ、あなたの愛を試しているんです。

でも試し終わるととても尽くすのが特徴。

結婚してもその性格は変わらず、特に女性は「母親になるための星座」と言われるほど良い母親となることが多いと言われています。

男性の場合も模範的な夫となることが多いのですが、放っておくと不倫してしまう事も。

気ままな双子座と母性の蟹座!

まるで子供と母親のような6月の星座。

同じ月でもこんなに違うとは面白いですね!

ぜひあなたもいろんな星座について調べてみてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ