iPhone6と6sってどんな違いがあるの?ケースの違いについても知りたい!

今でも使っている方も多いiPhone6と6s。

最新ではなくても、特にこだわりがなければ機能としては十分ですよね!

ただこの二つの違いについては、皆さんご存知でしょうか?

iPhone6から6sと名前を変え、新たにラインナップしたからには、何か違いがあるはず。

またこういったバージョンアップをすると、ケースが意外と合わない物。

同じケースを使う事ができるのでしょうか?

今回はそんなiPhone6と6sの違い、そしてケース事情についてもご紹介します!

ぜひ参考にしてくださいね!

【スポンサードリンク】

iPhone6と6sの違いって何?

まずはiPhone6と6sの違いについてご紹介しましょう!

一体どんな違いがあるのでしょうか?

iPhone6

まずはiPhone6についてご紹介しましょう!

・基本情報

サイズ 67mm×138.1mm×6.9mm

重さ 129g

カラー ゴールド、シルバー、スペースグレイ

液晶サイズ 4.7インチ

ポケットにも入る大きさで、女性にも持ちやすいサイズ、そして重さですよね!

色も上品なカラーラインナップで、カバーがなくてもお洒落です。

薄さは6.9mmとかなり薄く、それまでのiPhoneシリーズの中でもかなり薄い仕上がりとなっています。

ただ、その分強度には問題点があり、購入当日に割れたり折れたりと言った問題点もあったようです。

保護フィルムやケースに入れることで、その問題はクリアできます。

・カメラ

iPhoneはすごく綺麗に写真撮れる、という声をよく聞きますよね。

実はiPhone6と6sの違いはカメラにあるとも言われています。

iPhone6の場合は800万画素という画素数で、ピントさえ合えばかなり綺麗に撮ることができるはずです。

ただインカメラの場合は画素数が落ち、120万画素となります。

iPhone6s

ではiPhone6sの場合はどうなるのでしょう?

・基本情報

サイズ 67.1mm×138.3mm×7.1mm

重さ 141g

カラー ゴールド、シルバー、スペースグレイ、ローズゴールド

液晶サイズ 4.7インチ

こちらもポケットにも入る大きさで、女性にも持ちやすいサイズですよね!

ただiPhone6と比べると、全体的に若干大きくなっています。

またサイズが大きくなったこと、そして機能の違いもあるせいか、重さは重くなっています。

その代わり、強度はアップしていますよ!

「7000系アルミニウム合金」というものが使われていて、強度はiPhone6のなんと2倍!

カバーや保護シールを貼れば、普通に使っていればまず割れたりすることはないのではないでしょうか?

また、カラーバリエーションが増え、ローズゴールドと言ったカラーが増えたことも違いです。

液晶サイズは変わりません。

ただ基本情報だけで見ると、そこまで大きな違いはないようです。

・カメラ

大きな違いはカメラにあります。

まず画素数が1,200万画素、インカメも500万画素とかなり性能がアップしていますよ!

なんと4Kの動画を撮ることもでき、手軽に高画質の動画を楽しめます。

また「Live Photo」と言った機能も搭載され、撮影前後の1.5秒間の映像と音声を撮ることができます。

夜景も綺麗に撮れるので、写真をよく撮る方は6sの方が良いと言えますね!

・Force Touch

Forth TouchはiPhone6sより搭載の機能です。

これは画面をタッチする強さによって、異なる動きができるようになる機能です。

メールなどでは、未読のままメールの内容を読むことができたりするので、とても便利ですよ!

【スポンサードリンク】

ケースはどうなるの?

ではケースに関してはどうでしょうか?

違うケースが必要なのでしょうか?

同じものでOK!

微妙にサイズが違ったiPhone6と6sですが、ケースは同じものでも大丈夫なようです!

ただ6sの方が大きい分、取り外しは少し困難になるかもしれません。

とはいえ外れなくなるというわけではないので、お気に入りのiPhone6用ケースがあるなら、6sにも使ってみてください!

iPhone6と6sはカメラの性能に大きな違いがあった!

iPhone6と6sは主にカメラの面で大きな違いがありました。

ですので、カメラ機能を重視する方には6sがおすすめ。

ぜひあなたが何を重視するかによって、選んでみてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ