iPhone5と5sってどう違いがあったの?見た目の違いについても知りたい!

iPhoneと言えばスマホの中でも一番有名な機種ですよね。

特徴的なのは、新しい機種が出るとその数字にs等がついたモデルが出ることです。

たとえばiPhone5には5sと言った機種が販売されました。

でもこのiPhone5と5sの違いって何なのでしょうか?

内容はもちろん見た目など、意外とその違いについて答えられる方は少ないはず。

ケースの問題などもあるので、思った以上に見た目の違いも大切ですよね。

そこで今回は、そんなiPhone5と5sの見た目などの違いについてご紹介しましょう!

ぜひ使っている方や、過去に使っていたという方は、参考にしてくださいね。

【スポンサードリンク】

iPhone5と5sの違いって何?見た目は一緒?

それでは早速、iPhone5と5sの違いについてご紹介しましょう!

一体どんな違いがあるのでしょうか?

iPhone5

ではまずはじめに、iPhone5についてご紹介しましょう!

・基本情報

サイズ 58.6mm×123.8mm×7.6mm

重さ 112g

指紋認証 できません

カラー ホワイト、ブラック

容量数 16GB、32GB、64GB

カラーバリエーションもかなりシンプルで、大きさもちょうどいいサイズですよね!

重すぎないので、ケースをつけても女性でも手にそこまで負担はかからないiPhoneでした。

ただ、現在ではかなり主流となっている指紋認証は対応していません。

また、下についているホームボタンに□のマークがついているのも特徴です。

・バッテリー

連続待ち受け時間 225時間

一度フル充電をすると、なにも操作しない状態なら225時間のバッテリー容量でした。

もちろんそんなことはかなり少ないと思いますが、一日くらいならバッテリーも持つという事も多いのではないでしょうか?

・カメラ

メインカメラ 800万画素

現在のiPhoneシリーズではもっと高い画素数なのですが、この800万画素でもかなり高い画素数でした。

また、カメラのよしあしは画素数だけではないので、こちらの方が良かったという方も多いかもしれません。

iPhone5s

ではiPhone5sに関してはどうでしょう?

5とはどう違いがあるのでしょう?

・基本情報

サイズ 58.6mm×123.8mm×7.6mm

重さ 112g

指紋認証 できます

カラー スペースグレイ、ゴールド、シルバー

容量数 16GB、32GB、64GB

比べていただくとわかるのですが、実は大きさに関して言うと5も5sも同じ大きさという事になります。

ですので、カバーなどは5も5sも同じものを使用することができますね!

ただ大きな違いと言えば、なんといってもカラーバリエーション。

現在でこそ一般的となったゴールドやシルバー等は、実は5sが始まりだったと言えるようです。

反対にホワイトとブラックがありませんので、2つを見分けたいのなら、まず色を見て判断すると良いですね。

ただカバーに入っていると見分けるのが難しいので、そんな時はホームボタンを見ましょう!

指紋認証ができるようになったので、□のマークがありません。

こういった部分で見分けてみてくださいね!

・バッテリー

連続待ち受け時間 250時間

これは大きく違いが出ましたね。

1日分以上の差があります。

5sの方が、電池の持ちが5よりも良かったと言えます

・カメラ

メインカメラ 800万画素

実はカメラの画素数は同じなんです。

ただし、ゲームなどをする方は5sの方が綺麗にグラフィックを見ることができた、と言われています。

iPhone5と5sの違い

では最後に、iPhone5と5sの違いとまとめてみましょう。

サイズに関しては全く同じものです。

ただカラーとホームボタンのデザインに関しては、違いがありましたね。

また機能に関しては違いがあり、大きな違いは指紋認証です。

5sでは指紋認証が可能となり、セキュリティーの面でも向上しています。

またバッテリーの持ちやグラフィックの描写力に関しても、5sの方が上です。

まさに5sは5の改良版というわけです。

【スポンサードリンク】

iPhone5sは5の改良版!

やはりiPhone5sは5の後に出たという事もあり、より性能をアップさせた機種だという事ができます!

特に指紋認証ができるようになった点は、大きいという事ができますよね。

ぜひあなたも現在の機種の改良版が出たら、今回のように比べてみてはいかがでしょうか!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ