3月生まれにおすすめの名前ってある?男の子、女の子別で知りたい!

本格的に春がやってくる3月。

そんな春の訪れと一緒に、赤ちゃんも毎日誕生しています。

温かくなる3月生まれの赤ちゃんたち。

男の子でも女の子でも、どうせならそんな3月にちなんだ名前にしたいですよね。

とは言え3月生まれにおすすめの名前なんてあるのでしょうか?

そこで今回は3月生まれにおすすめの名前をご紹介しましょう!

男の子、女の子別でご紹介しますので参考にしてくださいね。

【スポンサードリンク】

3月生まれにおすすめの名前とは?~男の子編~

それでは早速3月生まれにおすすめの名前についてご紹介しましょう。

まずは3月生まれの中でも男の子におすすめの名前からです。

温かくなってきたことを前面に出すような名前も良いですし、ホワイトデーにちなんだ名前もおすすめです。

一文字でおすすめの名前

・陽(よう)

・白(はく)

・霞(かすみ)

・温(あつし)

・蓮(れん)

・弥(あまね)

・楓(かえで)

・青(あおい)

二文字でおすすめの名前

・珊瑚(さんご)

・春人(はると)

・貴弥(たかや)

・春陽(はるき)

・蒼太(そうた)

・青治(せいじ)

・寿弥(ともや、としや)

・真弥(まひろ)

・陽弥(はるや)

・梢弥(しょうや)

・碧人(あおと、あいと)

・春一(はちいち、はるかず、しゅんいち)

・幸生(こうせうい、ゆきお)

・楓斗(はやと、ふうと)

・陽向(ひなた、ひゅうが)

三文字でおすすめの名前

・蒼一郎(そういちろう)

・陽一郎(よういちろう)

・亜空明(あくあ)

いかがでしょうか?

基本的には春をイメージするような名前が多いですね。

またホワイトデーがあるので白取り入れるのもおすすめです。

3月生まれにおすすめの名前とは?~女の子編~

それでは次に女の子におすすめの名前をご紹介しましょう。

温かい字が多いので、柔らかい雰囲気の名前になることが3月生まれの女の子の特徴です。

一文字でおすすめの名前

・桃(もも)

・蒼(あおい)

・萌(もえ)

・芽(めぐみ)

・碧(みどり)

・椿(つばき)

・燕(つばめ)

・菫(すみれ)

二文字でおすすめの名前

・千種(ちぐさ)

・陽菜(ひな、はるな)

・菜摘(なつみ)

・琴葉(ことは)

・柚葉(ゆずは)

・梨咲(りさ)

・陽莉(ひまり)

・芽琳(かりん)

・彩芽(あやめ)

・雛子(ひなこ)

・美弥(みや)

・咲生(さき)

・桃花(ももか)

・小桃(こもも)

・彩菜(あやな)

三文字でおすすめの名前

・日菜乃(ひなの)

・花水木(はずき)

・陽真里(ひまり)

・日奈子(ひなこ)

・陽花里(ひかり)

いかがでしたか?

柔らかい春のイメージ、そして女の子の行事である雛祭りも取り入れた名前をご紹介しました。

ぜひ参考にしてくださいね!

3月生まれの子供に名前をつけるヒント

それでは、3月生まれのお子さんに名前をつけるためのヒントをご紹介しましょう!

上記の名前を参考にしながら、これからご紹介することもぜひ頭に入れて考えてみてくださいね。

3月の別名

まずは3月の別名は「弥生」です。

上記でも「弥」という字を使った名前がたくさん登場しました。

これらは弥生から字をとってつけられています。

また「花見月」「桜月」「桃月」「夢見月」「季旬月」等とも呼ばれてます。

直接字を使わなくても、これらの名前からイメージして名前を考えるのも良いですね!

誕生石

3月には誕生石があり「アクアマリン」と「珊瑚」。

アクアマリンは、冷静沈着と言った宝石言葉があります、

珊瑚は聡明という宝石言葉です。

どちらもとても良い宝石言葉ですので、ここからイメージを膨らませて行くのも良いですね!

星座

3月生まれの方は魚座と牡羊座。

一般的に魚座は包容力の象徴ともよばれ、牡羊座はエネルギッシュで正義感の塊。

これらのことを踏まえて名前を考えてみるのも面白いかもしれません。

季語

名前の中に季語の一文字を入れてみるのも良いですね!

3月の季語はひな祭りに関係したものも多いです。

具体的には桃の節句、淡雪、春雷、霞、陽炎、木の芽、雛、燕、椿、菫、東春などがあります。

女の子の名前であれば、そのまま使えるようなものも多いので、気に入ったらそのまま使うのも手ですね。

いろんな考え方で素敵な名前をつけてくださいね!

今回実際に御名前の提案もしてみましたが、自分で考えたいという方も多いはず。

今回ご紹介した名前や、3月に関する情報は、きっと名前を考える上で役に立ってくれるはず。

ぜひ参考にして、素敵な名前をつけてあげてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ