二重跳びを跳ぶコツって?連続して出来るようになるコツを動画でご紹介!

縄跳びの中でも少し難易度が高いのが二重跳び。

一回は出来るけど、何回も連続ではできないという方は多いかもしれません。

でもどうせ跳ぶなら、二重跳びも何回も跳べるようになりたいですよね!

実は二重跳び、ちょっとしたコツが分かれば意外と簡単に連続して跳ぶことができるようになります。

でもそのコツとは一体どんなものでしょうか?

またそのコツを分かりやすく動画で教えてくれるものはないものでしょうか?

そこで今回は、そんな二重跳びを連続して飛ぶコツを動画でご紹介しましょう!

動画で実際の飛び方を見ながらコツをつかめるので、きっとあなたも出来るようになるはず。

是非一度目を通してみてくださいね!

【スポンサードリンク】

二重跳びを飛ぶコツ~連続で飛ぶコツを動画で見よう!~

それでは早速、二重跳びを連続で飛べるようにするコツを、動画で見てみましょう!

一体どんな方法なのでしょう?

連続で跳ぶ時の基本的な跳び方

【ソトイコ!】二重とびが連続してできるコツ!!

この動画では、二重跳びを連続で飛ぶ時の基本的な方法を教えてくれます。

手の位置、そしてジャンプの仕方をどうするのかといったとても基本的な事です。

一回は跳べるけれど二回は無理という方は、ジャンプの仕方や腕の使い方に問題があることが多いです。

是非これを見ながら一度連続二重跳びにチャレンジしてみてください。

まずは2回連続で出来ることを目標にしましょう!

回数を出来るだけ多く跳ぶ方法

二重跳びが100回跳べるようになる指導法

こちらではとても基本的な事も押さえながら、とにかく長い回数跳べるようになる方法を教えてくれています。

上記同様、こちらでも重要なのはジャンプの仕方。

より具体的に良い例悪い例を見せながら、長く飛べる練習方法も教えてくれます。

連続で何回かは飛べるけど、そんなに長い回数を飛べないという方は、こちらのやり方を参考にしてみてください。

最初のうちは一回もできなくなるかもしれませんが、頑張るとその日のうちにより長い回数跳べるようになることもあるようです!

ステップの練習

2重とび練習法ステップ① 前とびを30秒間で70回とぶ

2重とび練習法ステップ② 空中で手を二回叩く

2重とび練習法ステップ③ 忍者のような音のない着地

二重跳びを飛ぶとき、ジャンプはとても大切でしたよね。

軽く飛ぶことがジャンプの鉄則でしたが、何回やっても出来ないこともあると思います。

そんな方は、ジャンプの練習をしっかりしてみましょう。

これを取り入れることで、軽くジャンプするだけで二重跳びを跳ぶことができるようになると思います。

【スポンサードリンク】

二重跳びが飛べない!そんな方におすすめのコツ

二重跳びを連続で跳ぶどころか、上記を見ても一回もうまくできない、という方もいるかもしれません。

そんな方は持ち方から是非改善してみましょう。

持ち方

2重とびワンポイント① グリップの握り方

もしかしたら、あなたが二重跳びをやりにくいのは持ち方のせいかもしれません。

練習しても飛べないという方は、こういった持ち方から改善してみましょう。

跳ぶための練習

2重とびワンポイント② 片手縄回し

2重とびワンポイント③ タオルを脇の下に挟む

こちらは二重跳びを飛ぶための練習方法です。

一つ目は腕を速く回す練習です。

腕が速く回せていない場合は二重跳びが飛べませんので、こういった練習も取り入れてみましょう。

この動画でのポイントが、意外とできない方も多いと思います。

二つ目は脇をしめて跳ぶ練習です。

後々連続して二重跳びを飛べるようにするためにも、脇をしめて飛ぶというのはとても大切な事です。

こちらも意外とできないこともあると思いますので、ぜひチャレンジしてみてください。

跳ぶ時のコツ

2重とび練習法ステップ④-1  前とび3回から2重とびをとぶ

2重とびワンポイント④ 視点を固定する

また、跳ぶ時のコツもあります。

一つ目の前とびを三回跳んでからというのは、実はとても重要。

跳びやすいタイミングを作ることができるんです。

二つ目の視点の固定は、体のバランスという意味でとても大切。

気にしていなかった方も多いと思いますが、視点は固定させてください。

これらを使って一回跳べるようになりましょう!

ポイントを守って回数を跳ぼう!

二重跳びは一回だけなんとか飛ぶのと、連続して綺麗に飛ぶのとでは跳び方に差があります。

ジャンプを意識しながら、ぜひ何回も飛べるように頑張ってみてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ