一眼レフとデジカメってどう違いがあるの?二つの違いをご紹介!

今カメラを趣味として撮る人が増えています。

スマホで撮る方も多いですが、より綺麗に撮れる一眼レフを持っている方も多いと思います。

ただ写真を撮れればいい方は、デジカメを使っている方も多いですよね。

でもこの一眼レフとデジカメの違いとは、一体何なのでしょう?

そこで今回は、そんな一眼レフとデジカメの違いについてご紹介しましょう!

ぜひ参考にして写真を撮る時の参考にしてくださいね!

【スポンサードリンク】

一眼レフとデジカメの違いって?

それでは早速一眼レフとデジカメの違いについてご紹介しましょう!

一体どんな違いがあるのでしょう?

一眼レフ

そもそも一眼とはどういう意味なのでしょう?

一眼は「レンズが一つだけ」だから一眼と呼びます。

レフは「反射」を意味する「レフレックス」という言葉から取られています。

実は一眼レフカメラの中には鏡が入っており、外から取り入れた光をこの鏡で反射させます。

さらに鏡、またはプリズナーで反射させてのぞき穴に映し出します。

シャッターを切ると鏡は折り畳まれて奥にあるフィルム、またはセンサーに光が届いて写真が記録されます。

つまり、撮影もファインダーも一つのレンズで行っているカメラの事ですね。

これが一眼カメラのしくみです。

デジカメ

デジカメは「デジタルカメラ」の略で、名前の通りデジタルなカメラの事です。

若い方はご存知ないかもしれませんが、少し前までカメラと言えばフィルムを使って写真を撮る物が主流でした。

しかし今はフィルムは必要なく、SDカードなどの記憶媒体に光を電気信号に変えて写真を記録します。

こういった物の事を「デジタルカメラ」と言います。

実はスマホのカメラ機能もこのデジタルカメラの一つだと言えます。

一般的にはコンデジとも呼ばれ、これは「コンパクトデジタルカメラ」の略です。

大体の方がこのコンデジを使っているのではと思います。

対してフィルムを使う物を「アナログカメラ」と言います。

実は一眼レフにもデジタルタイプのものもあります。

むしろ今はデジタルの物が主流(デジタル一眼レフ)かもしれません。

ただ、アナログの物もあります。

写真の画質

では写真の画質はどちらの方が良いのでしょう?

今回は一眼レフも同じデジタルの物で考えてみます。

写真の画質の質は「イメージセンサー」と呼ばれる光を取り入れ、電気信号に変える装置によって変わります。

このイメージセンサーが大きければ大きいほど、綺麗に写真を撮ることができます。

一般的には一眼レフの方がイメージセンサーが大きいと言われており、デジカメよりもより綺麗に写真を撮ることができると言えます。

しかもオートフォーカスなどの機能もありますので、デジカメのように手軽で簡単に綺麗な写真を撮ることができるんです。

逆に撮った写真をそのままポスターなどに使うこともできるほどの画質なので、プロも使えるカメラです。

また取り外し可能のレンズの物も多いので、どんな写真にしたいのかによってレンズを変えることもできます。

ただ、デジカメもどんどん綺麗な画質の物が増え、画質の差は縮まっていると言えます。

重さ

では重さはどうなのでしょう?

一眼レフはそれなりの大きさがあるので重さがあります。

取り外しするレンズを持ち歩くという事になれば、より重さは増します。

特に女性の場合は、かなり負担となるかもしれませんね。

しかしデジカメは、一般的にコンパクトなのでかなり軽いです。

女性でも負担なく写真を撮ることができますよ!

価格

では最後に価格についてご紹介しましょう!

価格は一眼レフの場合かなり高額となります。

1万や2万程度ではなかなか購入できません。

よりこだわってカメラを使いたい方用と言えるかもしれませんね。

対してデジカメは1万以下で買う事もできます。

最新機種はもう少し値段はすると思いますが、それでも一眼レフほどは値段がしない物も多いと思います。

スマホ以外にもカメラはほしいけれど、そんなにこだわらない、という方はデジカメの方がおすすめかもしれませんね!

【スポンサードリンク】

あなたにあったカメラを選んでみてください!

一眼レフもデジカメもどちらにもメリットデメリットはあります。

ただ、あなたが何を重要視しているのかがとても大切です。

ぜひあなたにあったカメラを選んで、素敵な写真を撮ってくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ